パグのしっぽ

Macやスマートフォン、Webの情報など広く紹介。

RAVPower 20000mAh 大容量モバイルバッテリーレビュー

スポンサードリンク
およそ5年ほど前に購入したAnkerのモバイルバッテリーの調子が悪くなってきたので、新しく買い替えました。
今持っているのがAnker製の容量が13000mAhあるのを使っているのですが、どうせ買うならそれよりも多い20000mAhに思い切ってしました。
Uber Eatsをやっていたりするとスマートフォンの電池残量の減りが早いので、多少容量が多くても結構使ってしまうので、これくらいでもまあいいかなと思います。
 
前置きはこれくらいで、こちらが購入したRAVPowerのモバイルバッテリー。
お馴染みのパッケージデザインですね。
Ankerに比べてポップな雰囲気のあるデザインで結構好きです。

箱を開けると、ニコちゃんマークが迎えてくれます。

こちらが付属品。
充電アダプタは無し。
Micro USBケーブル(60mmと30mm)が2本付いていました。
ケーブルは断線しにくい平型タイプになっています。
標準で付いているのは珍しい気がします。
他にメッシュタイプの収納ポーチにユーザーガイドとサポートガイドが付属。

実際に見ると思ってたよりデカいですね(笑)
重さも477gあるのでずっしりしてます。
でも大きい割に丸みがあるので、持ちやすくサラサラした質感が良いです。
コネクタ部分の写真。
各ポートとも最大2.4A出力が可能。
2台同時充電の場合、合計最大3.4Aになる模様。
入力が2Aなので、今のAnkerより本体への充電が早いようです。
iSmart機能によって接続した機器に最適な電流を流してくれます。

電源部分。
今使っているAnkerは前面にボタンがあるので、サイドにある方が見栄えもスッキリしています。
後、こちらの方が押し安い!
インジケータは4段階表示。
角度をつけるとランプが見えなくなるので、残量確認したい時は正面に向ける必要があります。

裏面は特に何もなく、型番や容量等の記載があるのみ。
 

最後に今まで使っていたAnkerのモバイルバッテリーとの比較。
厚みはほとんど変わりませんが、縦横の長さが2cmほど違います。
こうやって見るとAnkerの大きさでも十分コンパクトに見えてきます。
 
実際にiPhone6でどれくらい充電がかかるのか測った所、放電してから満充電まで1時間40分程度でした。
ただし、このiPhone6は自分で非純正のバッテリーに交換してだいぶ劣化してきている物なので、純正バッテリーと比べるとかかる時間が違うのかもしれません。
参考にはならないかもしれないのでご了承ください。
デメリットはやはり大きさと重さでしょうか。
その分容量があるので仕方ないと思ってます。
普段使いには必要ない容量なので、旅行とかたまに必要な時に持っていくと思えば割り切れるのかなと思います。
僕はこれでバッテリー切れの心配はなさそうなので良しとします。
 
型番 RP-PB006
カラー ブラック
容量 20000mAh
入力 5V/2A
出力 各ポート5V/2.4A 合計最大5V/3.4A
サイズ 17x8x2cm
重さ 477g