パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

いろいろとレアなゲーム

昨日行われた天皇杯3回戦の再試合となった名古屋グランパス対ヴァンラーレ八戸は2-1で名古屋が逃げ切りました。

なかなかお目にかかることのできない25分間という再試合はあっという間に時間が過ぎましたが、移籍や怪我でメンバーが揃わず入れ替えて試合をすることになったりと面白いものを見させていただきました。

再試合というのはきちんと中断したスローインから始まるのでなんか不思議な感じがしました。

短い時間なので相手は普段よりも全力で来れるので、それを名古屋がどう対処するのかと思いましたが、立ち上がりの名古屋のボールキープができずに相手の勢いにやられてFKから失点。
試合に入りきれてないような感じだったので悪い予感が的中しました。

すぐにシモビッチを投入してようやく目覚めた感じで杉森とのパス交換でいい形に崩せた場面とか決めていたらよかったですが、その後のCKからワシントン選手が決勝点。

何とかそのまま逃げ切り勝利をすることができました。
日曜に愛媛戦との試合がありますし延長戦にならなくてよかったです。

試合の得点は再試合前もCKを押谷選手が蹴って決めてるのでこれからは押谷選手が蹴ってみてもいいかと思いました。

リーグ戦でCKからの得点が少なすぎるのでこういう所を決めてくれるとだいぶ楽になると思いますので今後に期待したいです。

次はラウンド16ですがJ1チームとあたる可能性が高いので今のチームでどれだけ通用するのか見てみたいです。