パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

J1最終節ホーム湘南戦 最後の最後で最高の週末が待っていた!

DAZNの見逃し配信で見ましたが、正直0-2になった時はもう諦めてました。
しかし、そこから同点にまで追いついて試合が終わった後にドラマが待っていました!
まさか川崎がロスタイムに勝ち越すなんて思いませんでした。
自分達が勝たないと無理だと思っていたので、引き分けで尚且つ磐田が負けるなんてなかなか起きることではないと思います。
何が起こるかわからいのがサッカー。
これだからサッカーは面白い。
試合後の選手たちの残留が決まった時の喜び、ジョーの涙で感動しました。
試合内容は、いつもの守備の緩さからの失点があったりと課題はまだまだあります。
ロングボールのシャビエルの抜け出しからのクロスバー直撃のシュートや玉田のワンツーからのシュートが入っていれば、勝ち点3を取れていたんじゃないかなとも思います。
個人的にシーズン終盤のセレッソ戦から、立ち上がりの試合の入り方が悪い所が直ったのは良いと思います。
そこからのちょっとしたズレから相手のペースになった時に守り切れるかどうか。
ここの守備力を上げてほしいです。
攻撃はシュートを打つなりしっかり完結すること。
不用意なパスミスでボールを奪われないようにして、奪われたら切り替えを早くしてプレスをかける。
この辺が修正されればよくなる気がします。
何はともあれ最終節で残留が決まってホッとしています。
選手の皆さんお疲れ様でした。
前半の圧倒的な最下位からの怒涛の7連勝など、浮き沈みの激しい一年でしたが良くも悪くもこの風間サッカーにハマっている自分がいます。
これから更なる風間サッカーの向上を期待しつつ、来シーズンこそは補強などしっかり準備して優勝争いできるようにがんばってほしいです。