パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

自動昇格が遠のく厳しい敗戦

昨日行われた名古屋対湘南との試合は1-2の敗戦となりました。
勝って首位との差を縮めたかったですが負けてしまい、自動昇格がかなり厳しい状況になりました。

かなり悔しくて投げやりな感じになっていましたが日にちが経ち落ち着いたので試合を振り返りたいと思います。

前半、攻めていても最後のところでチャンスが作れずフィニッシュまでいけないもどかしさが続いていました。

横パスが多く、縦にパスを出してもバックパスをしたりゴールへ向かうプレーが少なく怖さがなかったです。

単純にサイドからクロスを上げたり裏に出すパスを使ったり変化をつけてほしかったです。

湘南の寄せの早い守備で思うようにボールが持てない部分もありますが、自分たちの攻撃時のミスが目立っていました。

そして前半終了間際のセットプレーで失点という非常にもったいない取られ方をしてしまうのは何とかならないのかと。

それまで自分たちの流れだっただけに勿体ないです。
やはりセットプレーの守りの対策をしないといけないですし自分たちの時間の時に点を取らないといけなかったです。

後半に入って立ち上がり名古屋がチャンスを作り寿人選手の決定的な場面を決めてほしかった。

あれで同点になっていれば試合はまだわからなかったかなと思います。
こういう所を決めていかないと攻撃重視のチームとしてはきついです。

その後さらに失点して厳しい状況になりましたが杉森選手のゴラッソが決まりまだいけると思いました。

その後も名古屋の攻めの形がうまくできてよい流れができていましたが、ここで追加点が奪えなかったのが痛かった。

途中出場のフェリペ選手が入って攻撃にリズムができていたので同点に追いつくチャンスでした。

結局その後は点が奪えずそのまま1-2で敗戦。
これで自動昇格が非常に厳しい状況になってしまいましたがまだ決まったわけではないので、可能性を信じて応援したいと思います。

不用意な失点を防ぐようにすること、攻撃に関してはゴール前でのパスの精度を高めること、この辺ができるようになれば結果がついてくるように思います。

一試合一試合確実に勝っていってほしいです。