パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

相手に合わせたサッカー

J1昇格プレーオフ準決勝名古屋対千葉は4-2で勝利を収めました。
前回トヨスタで大敗した借りを返すことができました。

この試合は風間監督が千葉対策としてハイラインの裏を狙ったプレーを優先して行い、
ロングボールはシモビッチをターゲットにするという戦略がハマった試合だったと思います。

後ろで無理に繋がずロングボールで縦に早い攻めをしていました。
序盤はお互いに主導権の取り合いでチャンスを作る場面が何度かあり攻守の切り替えが早かったです。

瑞穂の芝は短く刈られ水もかなり撒いたのでボールスピードが速くラインを超える場面が多くありました。

徐々に名古屋がペースを掴んでいきましたがゴールをすることはできず、逆に前半終了間際に失点するという嫌な状況になりました。

でも相手を崩すことはできていたので後半これを続けていけばまだチャンスはあると思いました。

後半田口選手の抜け出しで相手のクリアが手に当たったかに見えましたが主審の笛は鳴らずそのまま相手を交わして同点ゴールを決めました。

これもサッカー、運も名古屋にきているのかなと思いました。

その後は相手のミスからの追加点もあり点が入ることで余裕が生まれ、名古屋がゲームを支配する結果となりました。

プレーオフという一発勝負の緊張感はなかなか見る側もドキドキして身体に悪いですね(苦笑)
でもこれがサッカーの楽しさであったり、やめられない理由ですね。

泣いても笑っても今シーズン最後となる決勝の相手はリーグ戦1勝1敗の福岡です。
最少失点の福岡ですが今の名古屋の攻撃陣なら2列目、3列目の分厚い攻撃で福岡の守備を崩せると思っています。

お互いの試合の入り方がどのようになるのか楽しみです。
トヨスタという相性の悪い場所でやりますがここまで来たら選手、サポーターが一つになれば乗り越えれると思います。

こんな重要な試合もなかなかお目にかかることはできないでしょうし非常に楽しみです。