パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

後手となってしまった完敗

最後のホームの試合となった千葉戦は相手の戦略に見事にハマって0-3の完敗となりました。

千葉の厳しいプレスで思うようなサッカーができず、後半に連続で3点を奪われるという守備の脆さが出てしまいました。

前半、千葉のラインの裏をシャビエルが狙っていましたが何度もオフサイドにかかったり点に繋げることはできませんでした。

いつものパス回しより千葉の高いラインに対してサイドに振る攻め方をしていたと思います。
ラインを下げさせるためにもこれをやり続けるべきだと思いました。

 後半に入っても千葉のハイプレスは変わらず徐々に押し込まれて失点してその後はミスから連続失点するという始末。
この状況で後手になれば逆転するのはなかなか難しくなります。

ハイプレスに対してそれを剥がす力はまだこのチームにはないのかなと思いました。
しっかりキープしてパスを繋いでペースを握る状況に出来なかったこと、これは痛かった。
プレスに恐れずプレーのスピードを上げていかなければ難しい状況になってしまう。

負けは許されない状況でしたので技術云々でなく泥臭さ、気持ちだけでも見せてほしかったです。

 これで長崎は自動昇格が決まり名古屋はプレーオフになりましたがホームでやれる3位は確保しておきたいです。

今日の悔しさは次に繋がるはず、全勝して必ずJ1に上がれるよう応援します!