パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

二度のファインセーブが流れを変えさせず

J2第35節FC岐阜との長良川での名岐ダービーは、チケットが完売して素晴らしい雰囲気の中での試合になりました。

試合はシャビエルのハットトリックなどで6-2の勝利となり決定力の差が出たと思います。
ただ、やられてもおかしくない部分もあり試合を支配していたとは言い切れません。

前半、岐阜にボールを支配され受ける側となった名古屋は後ろのパス回しでミスをして中々前線にボールを運べませんでした。

そして先制を許してしまい岐阜ペースになるかと思いましたが、早いうちに同点に追いついたことで楽になり、その後シャビエルの素晴らしいトラップからのゴールで
逆転しました。

中央をワンタッチで繋ぎ、玉田のパスが少しズレたにもかかわらず、まるで足にボールが吸い付くかのようにうまくコントロールしてゴールへ運んだのには見事としかいいようがありません。

さらに後半開始早々に3点目となる追加点をしてだいぶ楽になったので試合を支配できるかと思いました。

しかし岐阜は諦めずに攻めの姿勢を変えずプレスをかけてボールを奪ってきます。
名古屋の後半の立ち上がりが悪いのがスカウティングされているので、守備が不安定で失点してもおかしくない状況でした。

それでも武田の二度のビッグセーブでピンチを乗り切ることができたので、ここが今日の一番のポイントだったように思います。

もし失点していたら一気に流れが変わる雰囲気があったように思います。
その後はさらに追加点が取れたり、失点もしましたがさらにゴールを奪い決定力は問題ないと思いました。

下位とはいえパスを繋いで攻めてくる岐阜相手でしたから攻撃がやりやすいとも言えます。

前節のヴェルディもそうですが引きこもらない相手なら名古屋は負けないように思います。

今後も引いてくるチームはいますのでその時にどう崩すのか。
そこで勝ちきればまた次のレベルにいけると思います。
連勝して勢いが出てきた今、崩せると期待しています。

最後までスタイルを崩さずお互いが攻め合って見る側として楽しめました。
ダービーは盛り上がるのでいつかJ1で見たいものです。