パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

状況が悪くても勝たなくては

先週土曜日の対水戸戦は1-1の引き分けでした。
芝の状態が悪くパスに苦労して相手のプレッシャーもうまくかけられて試合を支配できなかったのが残念です。

特に手前側の剥げ具合が酷く名古屋の攻めをそちら側でプレーさせるような水戸側のプレスがうまかったと思います。

芝だけのせいにはできませんので後半相手のプレスが落ちてきて名古屋が攻め続ける時間帯がありましたのでその所で追加点がほしかったです。

中盤でボールを落ち着かせれる田口選手がいないので代わりに入った選手ができるかと思いましたが、やはりいるといないとでは違うなと思いました。

後ろからビルドアップして中盤でのパスの受け渡し、前線の3人を生かすパスなどいろいろな所で効いてたと思います。

ですが誰が出ても変わらないサッカーができなくてはまだまだ強さがないように思います。

若いチームで個々の技術力は上がっていても試合の状況を見たプレーがまだ足りないのではないでしょうか。

失点はミスから生まれたものなのでまだまだ改善の余地があります。
セットプレーだけの得点は寂しい気もしますが苦しい時に点が取れるのはよいと思います。

いろいろと悪い条件が重なりましたが引き分けで終わり、まだ福岡との勝ち点差は変わらないのがまだ救いがあります。

次節は前回大敗をした大分が相手です。
借りを返してまた勢いをつけてほしいです。