パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

大観衆のトヨスタで引き分け

元名古屋の選手が多数在籍する注目の京都戦はロスタイムのシモビッチの得点で引き分けとなりました。
闘莉王選手や石櫃選手など馴染みのある選手が多く、敵として戦うのが不思議な感じがしました。

 

前節同様パスは繋がっていましたがゴール前でのアイディアが足りないので、もう少し縦の意識が必要かと思いました。
後ろや横のパスばかりでなくボールをもっと前に運んでほしい。

失点はセットプレーであったことや、自陣のパス回しで酷いミスはなかったように思うのでその点はよかったかなと思います。
ただ、京都の方がハイプレスをしてこなかったというのもありますのでまだこの試合だけで判断することはできませんが。
怪我で内田選手がいない中、酒井選手が成長してきているのが嬉しいですね。

前半何度かカウンターからのチャンスで、クロスが合わないシーンがあったのが勿体なかった。
フィニッシュまでいってればまた流れも変わった気がします。
名古屋はシュート数が少ないのでゴールへの意識をもっと持って、枠に入らなくともどんどん打ってもらいたいです。

後半ガルシア選手が入り攻撃のリズムが出てきました。
玉田選手や和泉選手が前を向いてフリーでボールを持てるようになってきてゴール前のチャンスが増えてきました。

もっと早く追いついていれば逆転できた試合かなと思いました。
宮原選手や玉田選手のおしいシュートが入っていればなと。
毎試合失点するのはよくありませんが同点に追いつけばそれを逆転できるようになる力は持っているかなと思います。

次は連戦最後の山形戦。
体力的にもきついでしょうが首位との差を離さないためにも勝点3を!