パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

J2第3節ジェフ千葉戦

前回の岐阜戦でポゼッションで支配されて何とか引き分けで終わりましたが今回はジェフとの大事な一戦ですが0-2という残念な結果になってしまいました。

立ち上がりはここ2節より悪くないと思いました。
相手がそれほどハイプレスというわけではなく奪ってカウンター、相手の高いラインの裏に出すボールを狙っていたかと思います。

 

それはポゼッションでパスを繋ぐ風間監督のサッカーとは違いますがアウェーということもありますし徐々に自分たちのペースになればいいかと思いました。

千葉の方は攻撃の形ができており最後のフィニッシュのところといった感じです。
特に相手の左サイド、アランダからゲームを作られており杉森のところを狙われてるように思いました。
失点はそのサイドで杉森のファールでセットプレーでやられ、前半終了間際だったので勿体なかった。
後半ワシントンが入ってボールを落ち着かせようと意図はわかりましたがパスが中盤で繋がらない。
せっかくのマイボールでパスミスが多く勿体ないです。
横パスが多く縦に中盤にボールを入れたいが真ん中にパスを入れれず外へのボールが多くなっていた。

相手が高いラインを保つ分、中盤が密集しておりそこをパスで打開するとなるとFWが一度下がりにきてボールを受けたり裏を狙うパスを出したり相手のラインを崩すことをもっとしてほしかったです。
玉田が入ってタメを作ってゲームを組み立てていけれるかと思いましたがゴールにはつながらず結局追加点も奪われて不安の残る一戦となりました。

試合を振り返って、失点していた分追いかける立場になってしまったこと。

パスの出し手と受け手の意思の疎通がまだできていないこと。

まだまだ改善する部分が多く時間がかかるかなと思いました。

ワシントン、フェリペはよくなってきているので次はスタメンで見たいなと思いました。

まだリーグは始まったばかりなので、次に切り替えて勝ち点を確実に積み上げていってほしいです。