パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

Reflector2を使ってiPhoneの画面をパソコンに表示して録画をしてみた

iPhoneの操作画面を録画したくなりPCやMacにミラーリングして録画のできる「Reflector 2」をインストールしました。

ReflectorはAppleやAndroidのモバイルデバイスを無線でミラーリングやストリーミングができ、画面を録画することができます。

トライアル版でも録画をすることができるのですが、真ん中にデカデカとウォーターマークが表示されてしまうので正式版を購入することにしました。

Reflector 2の購入の仕方

まずはじめに、「Reflector 2」を提供しているSQUIRRELSのサイトからダウンロードします。
右上の「今すぐ購入」ボタンを押します。

次にインストール先のOS、MacかWindowsを選択します。
今回はPCにミラーリングしますのでWindowsのQUANTITYでライセンスの数を選び「Add to Cart」ボタンを押します。

そうするとマイカートに入りますので「Checkout」ボタンを押して住所や支払いの入力に進みます。

自分は日本語で入力して登録ができたので問題はないかと思います。
支払いはクレジットかPayPalになりますが、海外のサービスですのでPayPalが安心かと思います。

最後に「Place Order」ボタンを押して支払いが完了すると、メールでライセンスキーが送られてきますのでインストール時に入力してこれで正式版が使えるようになります。

Reflector 2の使い方

PCでインストールしたReflector 2を立ち上げます。
次にiPhone側でコントロールパネルを呼び出して右下の「AirPlay」を選択します。

先ほどアプリを立ち上げたPC(ここでは「DESKTOP」という名前)が表示されますので選択して「ミラーリング」をオンにします。
そうするとPC画面上にiPhoneの画面がミラーリングされます。

左上のレコーディングボタンを押せばiPhoneの画面を録画がすることができ、iPhoneが表示された枠内で右クリックするとフレーム表示の切り替えやサイズなど変更することができます。

OrientationメニューはiPhoneの向きを変更できます。
「Automatic Orientation」にしていれば横向き表示になっても自動で向きを変えてくれるので便利です。

実際にiPhoneの画面を録画した動画をアップしましたのでご覧ください。

以上でReflector 2の購入から使い方まで簡単に紹介しましたが、他にも音声録音を同時にできますのでゲームの実況動画など作ることも可能です。

簡単な操作でミラーリングができますのでトライアル版を使ってみて気に入った際は購入してみてはいかがでしょう?