パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

J2初戦名古屋グランパス対ファジアーノ岡山を振り返って

先日J2が開幕して名古屋対岡山の試合をDAZNで見ました。
不安視していたリアルタイム視聴ですが自分の環境ではなぜかPCの視聴ができなかったのでタブレットから視聴することにしました。

試合はというと苦戦しながらも風間監督らしいショートパスを多用したポゼッションサッカーを見ることができました。

まだ改善する部分はありますが短期間でチームの方向性が見えて今後に期待が持てます。

単純にサイドからクロスというよりパスを繋いで崩すスタイルは見てて気持ちがいいです。

ですがサイドチェンジをするような大きな展開があってもいいかなと思いました。

田口選手が出ていればまた違ったのかも。

あとは横や後ろではなく前にボールを出すパスをもっとしてほしかったです。

ディフェンスはしっかりしていて取られても切り替えが早く大きく崩されないところがよかったです。

 

前半は岡山の入り方がよく、うまくいかない場面が続きましたが先制点を挙げてからは徐々によくなりました。
2得点をした永井選手はこの試合初めて見ましたがスピードがあり決定力があるなと思いました。
これは名古屋の大きな武器になりそうです。

広島から加入した寿人選手は決定的な場面が2回ありましたが決めきれず、これを決めていればもっと楽に試合を運べた気がします。

個人的に好きな玉田選手は相変わらずキープ力がありワンタッチでパスを出したりして安心して見ていられました。

後半からシモビッチや押谷が入ってポジションが変わり、守る側としては非常にやりにくくなったように思います。
攻撃のオプションがいろいろあって改めて選手層が厚いなと思いました。

まだ助っ人外国人も出てませんし、どれだけできるのか気になります。

 

まだ初戦なのでこれから連携がよくなればさらに強いチームになると思いました。

その大事な初戦を勝つことができプレッシャーから解放され自分たちのサッカーができていくのではないかと思います。

見るだけでも面白くなりそうなサッカーなのでファンが増えてくれることを期待してます。