パグのしっぽ

Macなどデジタル関連の紹介や気になった事を書いてます。

点の入る気がしない山形戦

パスを繋ぐことはできても効果的なパスがなく同じような調子でゴール前までいくので、相手からしたら怖さもなく守りやすい90分間。
何とももどかしい試合でした。

永井選手がいれば強引にシュートにもっていったりと変化をつけていたのでその存在が大きかったように思います。

 

でも代わりの選手が積極的にシュートを打つとか試合の中で状況を変えれるようになってもらいたかったです。

決定的な場面は玉田選手のスルーパスから飛び出した八反田選手のシュートくらいでしょうか。
バウンドしてた分、難しかったかもしれないですね。

八反田選手が後方から走りこんできてDFが二人つられていたので、真ん中に空いたスペースに出してもよかったかも。
フリーでフェリペ選手がいましたのでズドンとゴールに突き刺してくれたかもしれません。

あとは守備面で開幕戦以来の無失点で終われたのがよかったくらいでしょうか。
崩されたりしましたが最後のシュートはDFがブロックで結構止めていたので案外打たれた感じがしませんでした。
守備はよくなってきてると思うので今後の上位勢との対戦までに安定してほしいです。

次節もまたアウェーですが2試合勝ちから遠のいてますので次こそは勝ってもらいたいです。
サイドチェンジやサイドからの攻めがもっと見たいです。